こんにちは(^^)/

 

 

11月の全体会議では

 

講師に理学療法士の吉沢圭亮先生を

 

 

お招きし、

 

『拘縮予防のための関節の動かし方』

 

 

について学びました。

 

まずは、スライドで身体に触れるときの

 

手の形や触れる位置、動かし方など

 

を学びました。

 

 

 

 

 

 

その後は、実際に身体に触れて

 

動かす練習を行いました。

 

 

 

〜肩の動かし方〜

 

〜触れ方〜

4本の指をくっつけて

指の根元を曲げて触れます

 

 

簡単そうに見えて、

動かしてみると難しいんですよね〜

 

 

〜股関節の動かし方〜

膝裏と踵を支えて

ゆっくりと動かします

 

 

〜膝の開き方〜

膝をこじ開けてしまっては

かえって痛みが増してしまうので

くるぶし周辺に触れながら

ゆっくりと開いていきます。

 

 

〜指の開き方〜

小指側から開かずに

親指(母指)側からひらいて伸ばしていきます。

 

 

 

皆さん、真剣なまなざしで

 

実技に取り組まれておりました。

 

 

学んだことを業務に

 

活かしていきたいと思います(^^)/

 

 

ありがとう

 

ございました(*^-^*)